So-net無料ブログ作成

東大式 ローダウン解体新書 山本×金子 『高速回転』マスター講座 Catch the Web [東大式 ローダウン解体新書]

東大式 ローダウン解体新書

東大式 ローダウン解体新書 山本×金子 『高速回転』マスター講座


ボウリングのプロになろうと考えていた頃、たまたま訪れたボウリングセンターで、
わたしの人生を変えるある出来事が起こりました。

それは何かというと、プロコーチからのちょっとした言葉でした。 ちょうどその頃センターにいたプロコーチが、ふと、わたしに言ったのです。

「お前はほんと直球しか投げられないよな」

と。

当時、曲がるボールを投げられないことにコンプレックスを抱いていたわたしにとっては、その言語は、ショックであったと同時に、「それなら曲がるボールを投げてやろうじゃないか」と奮起するきっかけになりました。

直ぐにその場で、曲がるボールを投げてみようとあれこれと試行錯誤を始めたのです。

家に帰ってからは、先輩から借りたアメリカのPBA選手のビデオを、テープが擦り切れるくらいまで見続けました。

東大式 ローダウン解体新書

東大式 ローダウン解体新書


そして、ある日、ボールを地面に叩きつけるように投げてみると・・・、

ドン、ゴロゴロゴロ・・・と、スピードは遅いもののボールが大きく曲がったのです。

その瞬間、「探し求めていたものはこれだ」と直感し、これからは曲がるボールを投げようと決心しました。
曲がるボールを投げようと思い始めてからは、本場アメリカのPBA選手の書籍や映像を手に入れては、見よう見まねで投げ方を学んでいきました。そのおかげで、ボールは以前に比べ大きく曲がるようにはなりました。

どんどん曲がるので、以前の曲げられないというコンプレックスはすっかり無くなり、この曲がるボールがさえあれば、どんな大会でも勝てるはずだ、と変に自信を持つようになりました。

しかし・・・

実際のスコアのほうはというと、曲げることを意識しすぎたことで、コントロールは乱れスピードも落ちてしまい、直球を投げていた頃よりも大きく下がってしまいました。

その後、毎日毎日練習しても、なかなかスコアが上がらず、以前の曲がるボールへの決意とは裏腹に、直球スタイルに戻ろうかと四六時中悩むようになりました。

まだ何か自分には物足り無いものがあると思いながらも、それが何のか分からない状態でした。

東大式 ローダウン解体新書

東大式 ローダウン解体新書

東大式 ローダウン解体新書 山本×金子 『高速回転』マスター講座

そんな苦しい中、 ある番組が、わたしにとって大きな気づきを与えてくれました。
その番組とは、プロ野球の中継番組でした。

野球のピッチャーは、ボールに驚く程の回転をかけ、カーブのように大きく曲がる球を投げていました。わたしは、「何故、同じ球を扱うスポーツなのに、野球選手はあれ程、コントロール良く、曲がるボールが投げられるのだろうか」と疑問に思ったのです。

そこで、ピッチャーがボールを投げるその投球フォームを何度も何度も、目を凝らして良く見てみたのです。

そして、番組を見つづけるうちに、まさに「これだ!」と思えるあるポイントに気づいたのです。

一体わたしは、どんなことに気づいたのでしょうか・・・

東大式 ローダウン解体新書 山本×金子 『高速回転』マスター講座

東大式 ローダウン解体新書 山本×金子 『高速回転』マスター講座


以前のようなただ曲がるだけのノロノロとしたボールではなく、スピードもあり、かつ、高速回転がかかったボールを投げられるようになりました。

そのおかげで、急降下していたスコアやアベレージは、急上昇を始め、直球だけのストローカー時代では考えられなかったアベレージ220や、290台のハイスコアがどんどん出るようになったのです。

また、かつては、わたしに対して
「お前はほんと直球しか投げられないよな」

と言ったプロコーチは、大きく曲がる高速回転ボールを目の前にして、
「本当にボールが良く曲がるようになったな」と、すごく驚いた顔をしていました。

ジュニア時代からの友人たちも、わたしがストローカーだった頃しか知らなかったので、わたしの大きく変わった投球スタイルを見て、「どのようにして曲げているのか教えてくれないか?」と頼んでくるようにまでなりました。

では、何故、先程述べた3つのポイントに意識を向けただけで、競技の違うボウリングのローダウン投法の上達につながったのでしょうか?
ボウリングコツ
次は、その理由を順に説明したいと思います。


>>更に詳しい内容はこちらから






共通テーマ:スポーツ
ゴルフ上達法 ソフトボール練習法 バドミントン上達法

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。